保育のお仕事を選ぶ時に確認したいポイント

保育のお仕事には、保育所や児童養護施設、乳児院など様々なものがあり、勤務先によってスタッフが主に担当する仕事内容や役割などが大きく異なります。そうした中、自分に合った職場を選ぶにあたって、就職活動の合間を縫って興味がある事業所の見学をしたり、実際に現場で働いている人の感想を聞いたりすることが大切です。

保育関連施設における求人採用担当者に向けたお役立ち情報

自分に向いている保育のお仕事を探してみよう

保育のお仕事をこなすためには、専門的な知識や技術はもちろんのこと、体力や忍耐力が必要となります。最近では、ライフスタイルの多様化や保育サービスに対する社会的なニーズの高まりなどから、各地の事業所において保育経験が豊富な人材の確保が急務となっています。

そうした状況の中、保育士として自分の能力や経験を活かしたい場合には、なるべく自分に向いている職場を見極めることが重要です。例えば、若手からベテランまで様々な立場の保育士が勤務する社会福祉法人やNPO法人においては、一人ひとりのスタッフの適性に応じて仕事を任せたり、キャリアップのためのサポートをしたりしているところがたくさんあります。

また、新卒者や第二新卒者のために教育カリキュラムの見直しをする事業所の数も増えているため、求人情報を定期的にチェックして、自分が関心のある事業所の特徴を調べることがおすすめです。なお、保育士に期待されるスキルや役割については、それぞれの事業所によって大きな違いがあるため、面接時に担当者に疑問に思った点をきちんと確認することが大切です。

数多くの保育士の求人が掲載されているサイトに登録しよう

なるべく自分の力で保育のお仕事を探したい場合には、早い時期に数多くの保育士の求人が掲載されているサイトに登録をして、働きがいのありそうな事業所をピックアップしてみましょう。特に、大手の就職情報会社が運営する保育士向けのサイトの中には、無料で希望の勤務地の周辺にある保育所や児童養護施設などの人気の求人情報をチェックできるものも多く、初めての人も安心して就職活動をすることが可能です。

また、保育士の求人の応募条件については、各事業所の保育士の役職や業務の幅の広さなどによって異なります。

そのため、就職をしてから後悔しないためにも、余裕を持って将来に役立つスキルを磨いたり、自主的に保育業務のセミナーや研修会などに参加をしたりすることが大事です。一般的に、公立保育園などの人気の求人については、多くの保育士からの募集があるため、書類選考や面接の倍率が高くなる傾向が見られます。

そこで、スムーズに理想的な職場から内定を獲得したい人は、就活を通じて色々な事業所の見学をするだけでなく、各事業所の業務に必要なスキルについてしっかりと把握をしておくことが肝心です。

人気の保育士求人サイトを使って好条件の職場を探そう

必要に応じて保育業界に強いエージェントを頼りにしよう

思うように保育のお仕事を見つけることが難しいという人は、保育業界に強いエージェントにサポートをお願いすることで、短期間のうちに魅力的な条件の職場が見つかる可能性が高まります。内定率の高さに定評があるエージェントの中には、一人ひとりの求職中の保育士のキャリアに合った仕事を直接紹介したり、就職試験の対策を行ったりしているところがたくさんあります。

そこで、エージェントを頼りながら保育のお仕事を探したい場合には、同年代の就職に成功した人の口コミをチェックしたり、求職者向けの相談窓口に問い合わせをしたりすることがおすすめです。

保育のお仕事を探し始めてから職場が決まるまでに掛かる期間は、人それぞれの年齢や実務経験の長さ、希望条件などに大きく左右されます。そうした中、なるべく就職活動に時間を使いたくない人は、評判の良いエージェントのホームページやブログなどを参考にして、経験豊富なスタッフがいるところにお世話になることがポイントです。

その他にも、エージェントによって得意なサービスの種類が異なるため、場合によっては複数のエージェントに会員登録をするのも良いでしょう。

保育業務の経験やスキルに自信が無い人は研修制度に注目して職場選びをしよう

保育のお仕事は、乳幼児のお世話だけでなく、保護者対応や地域社会、行政機関との連携など様々なものがあります。そのため、てきぱきと日々の業務に取り組む上で、働きながら様々なスキルを身に着けることができる職場を選択することがとても大切です。

最近では、保育士をはじめとしたスタッフの定着率を高めるために、長期にわたるスキルアップ研修を実施している事業所が増えています。例えば、数ある保育の現場の中でも、マンツーマンで先輩のスタッフが新人の指導を行っているところや、数か月おきに外部の研修施設などで勉強会に参加できるシステムが導入されているところは、多くの求職者から注目が集まっています。

また、保育士の研修制度の良し悪しは、それぞれの事業所の経営方針や事業内容などに大きく影響を受けるため、就職活動の合間を縫って長年にわたる実績がある事業所の資料にきちんと目を通しておくことが大事です。もしも、保育所や児童養護施設などでの勤務経験が少ない人や、保育業務に自信が無い人であれば、研修の期間やテーマ、カリキュラムなどに気を使っている事業所を早いうちから探し始めることが重要です。

安心してキャリアを積める環境が整っている事業所を見つけよう

保育のお仕事は、担当をする子供の人数や年齢、業務内容などにもよりますが、身体に負担が掛かりやすいため、勤務開始から数年で離職を検討する人が少なくありません。特に、24時間にわたり乳幼児や児童のサポートを行う乳児院や児童養護施設などの職場は、人によって生活のリズムが大きく乱れたり、疲れがなかなか取れなかったりすることもあるため、健康の面に自信が無い人は就職前に採用担当者とよく話し合いをすることが大切です。

事業所によっては、保育士を対象にフルタイムだけでなく非常勤やパートタイムなどの働き方を選択できるところもあるため、長く仕事を続けるうえで、自分にとって負担の少ない働き方を探してみると良いでしょう。なお、育児休暇などの長期休暇の取りやすさについては、各事業所の仕事の忙しさやスタッフの配置状況などによって大きく事情が異なります。

そこで、保育士としてなるべく一箇所の職場でキャリア形成を図りたい人は、休暇の取得率が高いところや、求職中のスタッフのサポートが万全なところを就職先の候補に選ぶことがポイントです。